砂漠の民に憧れて、ラクダと一緒に砂漠を旅することにした冒険家だけど⑤

冒険家春間豪太郎
スポンサーリンク

1: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)13:41:00 ID:Iqd

砂漠でラクダに乗って野宿旅、その3!
今回はとびっきり綺麗な景色や空撮があるよ!

Twitter:https://twitter.com/GoHarumaRPG

YouTube:http://youtube.com/RealRPG?sub_confirmation=1

その1:
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1585134753/

https://i.imgur.com/5zEJw7q.jpg
pics

引用元: ・砂漠の民に憧れて、ラクダと一緒に砂漠を旅することにした冒険家だけど【その3】

前の記事

4: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)13:55:02 ID:9X6

2020年元旦の朝、ファラハの家で朝食をいただいてから、遂に出発
今日の目的地は州都ケビリだ

出発前ラクダのところへ行くと、鼻につけていたカラビナ的なパーツが壊れてしまっていたのに気づいた
その後すぐに新しいものに交換したものの、朝食中に1時間ほど目を離していたらまた壊れてしまっていた
ハビーブが元々つけていたものも半ば壊れていたから、どうやらシャムスはカラビナをぶち壊すスキルを持っているらしい
手持ちのカラビナ風金具の中で、一番大きくて頑丈なものに交換
鼻に紐をつけている間は目を離さない方が良さそうだ

朝から金具と格闘していたせいかラクダは少しイライラしているようだったけど、ひとまず出発
…するもその後、ラクダはイライラを爆発させることになる

ファラハと別れたその瞬間、なんとラクダはおれを乗せたまま踵を返し逆方向へと走り出した!

上下に大きく揺られながら必死に手綱を引くも、中々止まってくれない
しばらくすると速度を緩めてくれたので上から飛び降り、手綱を引くことでようやく進みたい方向へ進むことができた
こういった時はイライラを発散させてやるのが良いので、一緒に早歩きをしつつ、安全そうな場所では時々走り、乾燥地帯を楽しんだ

その後は特にイライラした様子も無く落ち着いたようで、乗った状態でのんびりとケビリを目指すことができた
https://i.imgur.com/wWhfNCc.jpg
pics

8: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)15:07:18 ID:1Hx

ちなみにラクダの名前は「シャムス」とした
アラビア語で太陽という意味だ
太陽と同じく、非常に強い力を持っているが砂漠では敵にも味方にもなり得る(砂漠の真っただ中で逃げられると渇死する)、今回の冒険の要となる存在だったのがその由来だ

よろくしな、シャムス!!

途中村を通り過ぎたけど、その際は車との接触などのリスクを考えてシャムスから降りて一緒に歩くことにした
その他道が悪くシャムスに負担が掛かりそうな時も降りて一緒に歩いたほうが良いだろう

夕方、ケビリに到着
町中では、町の入り口にいた警察の方が誘導して下さり、無事にシャムスは町の家畜を飼っている施設へ行くことが出来た
一晩だけここで預かって貰えるらしい
そして、おれは宿で夜を明かすことになった

かなり疲れたけど、ひとまずなんとかなってよかった

【リアルRPG 砂漠編21】冒険に出発!…したらラクダがおれを乗せたまま逆向きに全力疾走! 果たして28km先の目的の街にたどり着けるのか…?
https://youtu.be/q64frw9Ts64

9: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)16:08:14 ID:wzd

翌日
今日は朝からケビリの中心街を抜けるのに神経使いっぱなしでかなり苦労した
更に、シャムスは体力が有り余っているようで、常に強く静止していないと走り出すという有様だった

出発前、早く動き回りたくてソワソワしてるシャムスちゃん
↓gifアニメ
https://i.imgur.com/sI2BSp8.gif
pics

10: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)16:09:10 ID:wzd

ちなみに、今日通過する予定の町では過去に日本人が強盗に遭いナイフで両手を切られた上に貴重品を盗まれてしまったらしい
そういった危険な道はできれば避けたかったけど、もう一つの道の先では2週間前に観光客に対し銃乱射があったらしいから、消去法でナイフの道を通ることにした
https://i.imgur.com/xwLyO5r.jpg
pics

その問題の町へ到着し、車通りの多い中心地を進む
大きめの町のようで、かなり多くの車や人がいて朝同様かなり神経を使わないと進めなかった
戦車風の大きな銃口の付いた装甲車を何度か見かけたから、どうやら危険というのは本当らしい

慎重に進み、何とか無事に何事もなく町を通過

その後は小さな村にある青少年向けの施設で夜を明かすことになった
ユースホテルとは違い、若者が会議したり音楽活動をしたりするのに使う施設らしい
施設長のハッセンという黒人の方に乗駝具の修理などを手伝ってもらったりして世話になりつつ就寝

ちなみにシャムスは施設の周りに生えているたくさんの雑草と、手持ちの穀物、さらにデザートにみかんを食べたから明日も大丈夫そうだ

【リアルRPG 砂漠編22】動物冒険の難関! それは治安が悪い場所と〇が多い場所!
https://youtu.be/_HLVnmb8Ghs

11: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)21:02:58 ID:wzd

朝になり、青年の家から出発

次の目的地、トズールという砂漠の町に着くのは明日になるだろうけど、それまでは村などが無いから今日はずっと砂漠を進むことになるはずだ
ジェリド湖という湖?を縦断することになるらしい

出発してすぐに、通りがかった警察のパトカーから差し入れのサンドイッチをもらった
この辺りの警察とはもう顔見知りになっていて、シャムスの名前を覚えて呼んでくれる警官もいるほどだった

シャムスは元気一杯で、夕方までずっとペースを落とさずに歩いてくれた

シャムスに揺られながら進んでいると次第に植物が減ってきて、辺りに水たまりがちらほら見られるようになった

砂砂漠ながらも砂丘などの盛り上がりがなく、神秘的な空間だった
https://i.imgur.com/2EuYnad.jpg
pics

すごく、感情を揺さぶられて、感動した

まだ砂漠の冒険は始まったばかりだったけど、これをする為に今まで生きてきたんだな、といともあっさりと感じることができた
それほどに凄まじい世界だった
土壌の塩分が多く、植物含む「生命」を拒むかのような乾いた塩湖、ジェリド湖は、おれが想像していた砂漠よりもずっと砂漠だった
何年も夢見ていた景色よりもずっと夢のような景色が、おれの目の前に広がっていた
https://i.imgur.com/QP4XVoe.jpg
pics

そんな不思議な空間をシャムスと共にゆっくりと進み、廃墟やちょっとした土産物屋を発見するもスルーして、そして夕方、採塩場に行き当たった

採塩場の詰所の人によると、ここから更に15~20kn進んだところで村や家などはないらしい
そんなわけで、結局その日はその詰所で寝させてもらえることになった

詰所の二人の男は無愛想ながらも悪そうな雰囲気は感じなかったし、何より子猫を詰所内で飼っているようだったから悪人のわけがないと考え信用することにした
焚き火に使う木材をショベルローダーで詰め所の前へ運んで点火し、火が落ち着いてきたら室内に入れて暖を取るという男らしい方式を楽しむことができた

サンドイッチも頂いてお腹も満たされ、満足しつつ床に就く

最後の方は男たちとも少し打ち解けることができて、「またチュニジアに来るときはこの採塩場にも寄れよ」と言ってもらえた

【リアルRPG 砂漠編23】死ぬまでに絶対に見たかった、ラクダの上からの景色
https://youtu.be/NdGz4B9hScA

12: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)21:16:40 ID:wzd

翌日、夢のようなだだっ広いジェリド湖を超えて、遂に砂漠の町、トズールへ

トズールはドゥーズと似ている町で、砂漠の観光で栄えていて、ナツメヤシの木がたくさん生い茂っている町だ
当然ラクダもたくさんいるので、シャムスにとって居心地のいい環境に違いない
https://i.imgur.com/wOJdA4x.jpg
pics

到着したのは夕方だったので、町を通り抜ける頃には辺りは暗くなってしまっていた
目指すは町の観光客向け区間の向こう側、ラクダが飼われている地域だ

そして、夜になり街頭が道路を照らす中、中心部を通り抜け車通りが少なくなった辺りで聞き込みをしたところ、ハメッドという名のラクダ飼いに会うことができた
ハメッドさんは終始笑顔で「俺の家に来い!ラクダも7頭飼ってるから1頭くらい増えても大丈夫だ!」と行ってくれた

かくして長男のズハイル君に連れられ、ハメッドさんの家へ

家では奥さんがもてなして下さり、食事を頂いた上で安全な場所で寝ることが出来た
家には家畜小屋があったのでシャムスも良い観光で寝ることができた

せっかくトズールに来たので明日は休みにして少し町を見て回ることにした

そして翌日は、ハメッドさんの手伝いをすべく、職場へ
ところが、長男のズハイル君と2人でラクダに乗って辿り着いたのは、「進化博物館」と呼べるような施設だった
https://i.imgur.com/5mJG34R.jpg
pics

どうやらハメッドさんは、この施設目当てで来た観光客にラクダライド体験を提案する仕事をしているらしい

途中でタクシーがこちらへやってきて、女性が降りておれに話しかけてきた

女性
「はじめまして
私はケビリから来たジャーナリストなんだけど、取材しても良い?
チュニジアで一番大きいラジオ局で働いているんだけど、今回あなたを取り上げることにしたの」

そういえば昨日、砂漠を歩いていた時の動画をドゥーズの公式アカウントが投稿して1万再生以上されていたから、多分それで知ったんだろう
それにしても昨日の今日でおれのところまで来るなんて、おれの居場所はどれだけ筒抜けなんだろうか…

おれ
「良いですよ、よろしくお願いします」

ちなみにシャムスはハメッドさんの家でお留守番だったけど、ジャーナリストの方の要望でハメッドさんのラクダに一時的に乗って撮影することになった

【リアルRPG 砂漠編24】トズールに到着! …したらボイスレコーダーやカメラ持ったお姉さんが現れた!
https://youtu.be/MBKZg23fTPI

13: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)21:17:24 ID:wzd

その後、「せっかくだから博物館見てきたら」と言ってもらえたので博物館へ
人類の進化や動物の歴史、そして古代文明に関することなどかなり多くの展示物があった
お化け屋敷のような造りの場所もあって見ごたえがあり楽しめる施設だった
https://i.imgur.com/X7An7No.jpg
pics

その後は町外れにある小さな岩山があるスポットへ
ここも観光地のようで、ハメッドさんの職場だ
ハメッドさんは7頭のラクダを所有していて息子が4人いるので、各観光地でラクダライドの客引きをやっているようだった
https://i.imgur.com/JTQ5BWF.jpg
pics

その後は雑貨屋で草を買って(一日分50円くらい)シャムスに与える
明日からまたシャムスとの二人の時間が始まる

次の目的地は都市ガフサだ

【リアルRPG 砂漠編25】トズールの観光地巡り! …警察の人って、身柄拘束する時はやっぱり朝来るんだね
https://youtu.be/m5t-ElosSPs

14: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:02:04 ID:BZO

>>13
この博物館面白そう
雑多な雰囲気にワクワクさせられるな
なぜここにこういうのがあるかも興味を持った

15: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/27(土)22:58:53 ID:wzd

>>14
そう、ここめっちゃ面白かったんだよなぁ
色々ごちゃまぜな感じが特に
かなり広いし、色んな作り物とか情報とか見て回るの楽しい
なんでトズールにあるのかは分からないけど…笑
https://i.imgur.com/W2tHBy8.jpg
pics

https://i.imgur.com/aLrZ6vi.jpg
pics

16: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)13:10:42 ID:6Nc

朝、朝食後に出発しようとするとハメッドさんの家の前で3人の警官が待ち構えていて、署にて本格的な取り調べを受けることになった
どうやら昨日のラジオ局(フォロワー500万人※チュニジアの人口1千万人)の番組によっておれはかなり有名になったらしく、警察も本格的に調べた方が良いと判断したらしい

取り調べ室に入り、豆やコーヒー、パンをもらいつつ質問に応じる
悪いことをしている訳じゃなかったので問題はなかったものの、供述内容を記録する必要があったらしく、3時間ほど拘束されてしまった

取り調べ所
https://i.imgur.com/py5hxNV.jpg
pics

その後、家へ帰ると「Go!大丈夫だったか?」とハメッドさんやズハイル君が心配そうに出迎えてくれた
https://i.imgur.com/8fKDPFw.jpg
pics

なんだか悪いことをした人みたいだしハグによって謎の感動は生まれたけど、まぁ問題なかったのですぐに準備をしてシャムスと出発

トズールの出口付近まではハメッドさんが誘導してくれたので安全に町を出ることができた

その後、ひたすらに砂漠を進み、夕方頃、道路から少し離れた目立たないところでテントを張り野宿することにした

街頭など何も無い砂漠の真っ只中だったから、星がたくさん煌めいていて本当に綺麗だった
電池残量が少なかったから一眼での撮影はあまりできなかったけど、この素敵な景色はおれの心に刻まれたから、気にならなかった

ジェリド湖といい、この星空といい、これだけ素晴らしい体験ができたなら後はもう何も要らない
明日死んだってもう構わない

心が有るべき場所にストンと収まったような、そんな強烈な安心感に包まれつつ、寝袋にくるまって就寝

【リアルRPG 砂漠編26】警察から開放され、海の方角へ! 荒野で野宿してラクダと一緒に流れ星を探そう!
https://youtu.be/fs3I5Wrdsr8

17: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)13:35:58 ID:6Nc

空が白み始めるころ、起きてテントを撤収して出発
https://i.imgur.com/Zy4mAoe.jpg
pics

今日はマトラウィという少し大きめの町へ向かう

日に日に知名度が上がっているらしく、移動中に車が停まって撮影を求められる事が増えた
ひどい時はシャムスの前の車の更に前に車が2、3台停まって、撮影待ちの行列ができるという有様だった
今のところはギリギリ移動速度に支障が出ない範囲ではあるけど、今後更に知名度が上がっていくとヤバイかもしれない

昼休憩中、近くにポツンとある家の主人が昼食を振る舞ってくださった
お金を払うと強く言っても、いいからいいからと払わせてくれなかったのでありがたくいただくことにした

その後、食料品チェーンの運送トラックの運転手の方から、牛乳1L6パックとヨーグルトなどを差し入れとのことで頂いた
トラックの後ろ側を開けて取り出していたからどう考えても商品だ

おれ「え…これ…貰っても良いんですか…?」

運転手「もちろん! 持ってけ!!」

いいんだろうか…
https://i.imgur.com/jgsXuoh.jpg
pics

マトラウィでは、町の入り口にいた警官の紹介でアブラフマンという男の大きな家にお世話になることになった
その豪邸の寝室には長男のサンコーアと友人のサーメルという男が住んでいるようで、カフェに誘われたので夜カフェへ行ったところ、メディアの取材をまた受けることになった

更に、明日はラジオ局から取材の依頼が来ていたので、それもひとまず受けることにした
危険を避けるために目立たないよう行動したかったけど今回の冒険では無理っぽいし、チュニジアの土地で冒険をやらせて貰っている恩義もある
現地の方がおれの活動を楽しんでくれるならそれもアリだろう

マトラウィの郊外には古い鉄道駅があるらしく滅茶苦茶眺めが良いとのことだったから、明日はガフサへ行くのを止めて休みにすることにした
ガフサは都市であり見どころはあまり無いらしいから、マトラウィで一日過ごした後はガフサには一晩だけ滞在することにして先に進むのが良いだろう

18: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)13:36:51 ID:6Nc

さて、次の日、ラジオ局の取材を受けてから、「天国のように綺麗な景色だ」という山の古い鉄道駅へ

道中はどこまでも広がる農地や荒れ地を眺めることができて、中々綺麗な眺めだった
https://i.imgur.com/8mU4vPf.jpg
pics

鉄道駅は現在使用されていないらしかったけど、7kmに渡って山を貫いているというトンネルは中々迫力があり、素敵な雰囲気を持った駅だった

ちなみにどうやらマトラウィはリンの生産で有名らしく、町やその周りの乾燥地帯では時々採掘のための爆発音が聞こえていた

その後は作業などしつつのんひりと過ごし就寝

↓写真は帰りに出会った、肉屋の前に繋がれた牛さん
こちらでは肉屋や一般人が解体をして肉を調達したりする

…ごめん、救ってあげられない…
https://i.imgur.com/w5PVhGP.jpg
pics

19: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)13:48:39 ID:6Nc

朝、アブラフマンたちに感謝を告げてガフサへ向かう

出発後、今までよりはるかに多い頻度で車が停まって写真撮影を求められるのに気付いた

どうやら昨日テレビでおれの特集をやっていたらしく、それによって知名度が更に上がってしまったようだった
昼のピーク時などは100~200m進むごとに写真撮影を求められ、何台もの車が撮影待ちの行列を作るという状況にもなり、まともに進めなかった
https://i.imgur.com/LnjU7QE.jpg
pics

まぁ急ぐ旅ではないし欲しいものはもう手に入ったから、のんびり現地の方とのコミュニケーションを大切にしながら進むのが良いだろう

マトラウィからガフサまでは線路が伸びているようだったので、途中からはなんとなく線路沿いに進むことにした
するとその後、貨物列車がおれを追い越した時に、車掌が何度もクラクションを鳴らして先頭車両から手を振っておれに挨拶をしてくれた
列車のクラクションはかなり目立つので少し恥ずかしいけど、好意的に考えてくれているようなので嬉しい
https://i.imgur.com/54lJ5Qd.jpg
pics

夕方、日が沈む頃、ようやくガフサの入り口付近に到着
やはり今日だけで何十回も写真撮影をしたから、昨日予想していたほどは進めなかった

この日は牛を飼っている畜産農家の方のご厚意で、牛舎のすぐそばの物置小屋で寝させて貰えることになった
物置小屋とは言ってもベッドがあり、普段はイブラヒムと言う名のご老人が一人で寝ているらしい
もう一つベッドを持ってきて下さり、イブラヒムさんと二人で炭火で暖を取りながら寝ることになった

シャムスは普段の枯れ草とは違う、庭に生えている青々とした草を食べられることになったので大満足に違いない

20: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)13:50:06 ID:6Nc

翌日朝、ガフサの中心地へ進もうとするも、たくさんの人に囲まれ身動きが取れなくなったので諦めて人が少ない田舎道を通って東へ
https://i.imgur.com/rPGlXZJ.jpg
pics

町の出口付近で獣医さんが声をかけてくれ、シャムスにイベルメクチンの注射と栄養剤、皮膚の感染予防薬を与えてくれた
ラクダは体が大きく一回の投薬量が多くなるので手持ちのイベルメクチンは一回分しかなかったけど、しばらく期間をおいてから与えることでより高い効果を得ることができるだろう

その後は昨日と同様写真撮影に応じつつゆっくりと進む
どうやらテレビで複数局に取り上げられたらしく、報道されたルートがそれぞれ微妙に違っているようだった
これからは写真撮影を計算に入れ、一日に30km程度(今まではmax45km位進めていた)を目安にすることにしたので、ゆっくり進みつつも夕方目的地につくことができた

赤い実がなったサボテンがたくさん生えている田舎の町、ザノーシュだ

今日は、町の中心で出会ったフェイセルという男の家に世話になることになった
世話になってばかりだけど、今日はたくさんの人が「うちに来なよ!」と誘ってくれたのでむしろフェイセル以外は断らないといけないことになった
今後はこういうパターンが増えるかもしれない

美味しいクスクスやタッブガ(薄い円形のパンの中に玉ねぎやハリーサが入った料理)を頂いた上にシャワーを浴びることもでき、その後就寝
https://i.imgur.com/D8dff9n.jpg
pics

【リアルRPG 砂漠編27】有名になりすぎて冒険の進行が…!? 乗駝の新スキル習得!!
https://youtu.be/ycslyhqaaSk

21: 名無しさん@おーぷん 20/06/28(日)15:13:06 ID:wGY

メシはあんまりこだわりないのか?
いつもおいしいとかまずいとかあんまり書いてないから

23: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)15:29:31 ID:RGh

>>21
あんまり感情とか感想とか書きすぎるとダラダラ長くなって読みにくいかなぁと思って…

でも基本マズいとは思わないかなぁ、採れたての臭いネズミの肉とか腐った乳製品とか食べて暮らすことも過去にあったし、「マズい」のハードルがだいぶ上がってる
野宿旅だと今周りにあるもので腹を満たすしかないし、硬いパンとぬるい水じゃなく火を通した食事がいただけるってだけで最高

強いて言うなら魚は日本のものの方が柔らかくて美味しいかな
あまり魚を食べる習慣が無いからみんなめっちゃちっちゃくて細い小骨でも全部よけて食べるし、俺が骨ごとバリバリ食ってたらめっちゃ変な目で見られる
クスクスもタッブガも、チュニジアでは大抵ハリーサって呼ばれる香辛料を使ってめっちゃ辛くしてるからそこそこ似たような味になるけど、
食感でいうとクスクスは粒パスタだから独特で個人的にちょっと癖になるかな
家ごとに具とか味付けに使う香辛料も違う(基本的に日本よりずっと多い種類の香辛料を使って料理する)から、それはいつも食事をいただく時の楽しみだね

24: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)15:35:05 ID:RGh

参考画像
こんなこと言ったら食レポにならないけど、どれも普通に旨いよ笑

https://i.imgur.com/Lnk6MSQ.jpg
pics

https://i.imgur.com/nzTEra1.jpg
pics

29: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)18:26:59 ID:6Nc

今日は朝から小雨だった
海辺の街、マハディアに向かっているからこれからは曇りや雨の日が増えるだろう
https://i.imgur.com/Jz8tPyu.jpg
pics

相変わらず次から次へとやってくる人々と写真撮影をしつつ、目的地のマンゼルブセイエムへ

しかし、どうやらその町はテロリストが潜伏している山から近く危険度が高いらしく、夕方頃出会った警官に「滞在はできる限り避けてくれ」と言われてしまった
とはいえこれから日没までに進める距離はせいぜい10km程度だし、マンゼルブセイエムへ行くのがやっとだ
今ここでテントを張ることはできるが、どうやら警官によるとそれはまずいらしく、テントを張るならマンゼルブセイエムを越えて5kmほど進んでからにしてくれとのことだった

どうしようもないながらも警官たちと話していると、写真撮影を求める車が次々と集まってきたので、その中のマンゼルブセイエム出身者の中で力になってくれそうな人はいないか探すことにした

結果、リダというご老人の家に泊まることができることになり、警官に許可を得た上で滞在決定

ただしリダおじいさんの家はマンゼルブセイエムの中でも少し遠い位置にあったので、ジャムスと一緒にジョギング程度の速度で町を目指すことになった
リダおじいさんは保健体育の教師らしく、とても優しい方だったので、道中時々車でようすを見に来ては「あと数キロだ!頑張れ!」と励ましてくれた
体力には自信があるので10kmくらいなら走り続けられる
弾むように走るシャムスと一緒に、シャムスに合わせて速度を増減したり後ろ向きに走ったり(後方の車を確認してシャムスを誘導するには、随時後ろ向きに走る必要がある)クルクルと回りながら速く走っていると、なんというか全力で生きてる感覚を得られて気持ちが良い

夕暮れ頃リダおじいさんの家に到着し、シャムスは空の車庫の中で夜を明かすことになった
到着後はシャワーを浴びてからスパゲッティをいただくことになった
チュニジアではフォークでなくスプーンを使ってスパゲッティを食べるらしい
アフリカのスパゲッティは麺がかなり柔らかいからスプーンの方が食べやすいという理由だろう
https://i.imgur.com/w3XT9XL.jpg
pics

30: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)18:27:56 ID:6Nc

食後はリダおじいさんと一緒にカフェへ

どうやら奥さんがかなりの嫌煙家らしく、ヘビースモーカーのおじいさんはカフェでタバコを吸うしかないようだった

そこで出会ったおじさんたちに何故か頭を撫でられたり、抱きしめられたりしつつ、帰宅
写真撮影もしたけど、え、これ…近くない…?
https://i.imgur.com/JxbXWip.jpg
pics

リダおじいさんが「この近くに温泉があるから明日行こう!」と強く誘ってくれたので、次の日は休みにしてゆっくり過ごすことにした
どのみち明日は天気が悪そうだから無理に進まず休んだ方が良いだろう

次の日は、朝からずっと雨が降っていて道路に水たまりができていた

昼食後、温泉へ向かう
ちなみに昼食はチーズのパスタで、まろやかさとクリーミーさがカルボナーラに比較的近くとても美味しかった
https://i.imgur.com/5qgTiGy.jpg
pics

雨でぬかるんだ山道を進み、ちょっとした登山を経て温泉に到着
二人のチュニジア人が既に入っていたのと小雨が降っていたので入りはしなかったけど、木々に囲まれて中々気持ちの良い場所にある温泉だ

その後、夕方になると雨が上がったのでドローン撮影をしたりリダおじいさんの息子たちにラクダライド体験をさせてあげたりして過ごす
夜は家の中でチュニジア語の勉強をしたり、リダの家族皆と話したりして過ごし、就寝

翌日になり改めて出発!
目的地のマハディアにはあと数日で着けるはずだ

途中の村で声をかけてくれた若者の誘いで、少しだけカフェへ行って休憩

たくさんの野犬に吠えられながらも木々に囲まれた道を進み、マクネスという町を越えてはげ山のなだらかな峠道を進む

そして夕暮れ時、道路からは見えず野営できそうな場所へ移動してシャムスを休ませる
経験上、何らかの問題に気付いたり遊牧民の方と出会ったりする可能性があるので、テントを張るのは暗くなってからだ

【リアルRPG 砂漠編28】ご老人と登山してチュニジアの野外温泉へ! 2回目の野宿なるか…?
https://youtu.be/6GnFp4GYoNA

36: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/06/28(日)19:41:09 ID:6Nc

その後、付近を歩き回ってシャムスの食事に付き合っていると、少し離れたところでヤギや羊を何十匹も連れた男が横切るのが見えた
しばらくすると男はこちらに気付き、羊の誘導を中断してこちらへやって来た


「あなたに平安がありますように (こんにちは)

君は…?」

おれ
「あなたに神の慈悲と祝福がありますように (「こんにちは」のかなり丁寧な言い方)

僕は日本人で、ラクダと旅をしています
名前はGoです」


「僕はジャメール
旅って、今日どこで寝るの?」

おれ
「ここにテントを張ろうかと思っているんですが…」

ジャメール
「寒いよ今日は
これから雨も降るだろうし

…うち来る?」

おれ
「本当ですか?
もしジャメールさんさえ問題なければ、ぜひ行きたいです!」

そんなやり取りを経て、岩だらけの峠を越えて道なき道を進み、ジャメールさんの家へ
https://i.imgur.com/T7IhfgK.jpg
pics

道路からは1kmほど離れた所にある隠れた集落だ
周りには家が数件あったけど、今はもうジャメールさんとその家族しかこの集落に残っていないらしい

家にお邪魔したところ、まず細かい草をたくさん入れたお湯で足を洗うように勧められた
薬とのことだったけど、いい匂いがしたので消臭やリラックス効果も期待できそうだ

その後はなんと食事までいただくことができた
しかも搾りたてヤギミルクのクスクスという、こちらの国でもかなり珍しい料理をいただくことができた
https://i.imgur.com/oJ4MbMW.jpg
pics

普通に道なりに進んでいたら絶対に見つけられない、隠しステージへ来た気分だ

野営地にしようとした場所がたまたまジャメールさんの通り道に近くて本当に幸運だった

つづきます

コメント

  1. つまらないからまとめなくていい

タイトルとURLをコピーしました